好きしかない

今だ!

北緯34度東経135度の梅芸で舞う松倉君

 

博多座で全17公演を完走、梅芸で絶賛公演中

ジャニーズ・フューチャー・ワールド!!!

 

座長の平野君、Princeの岸君・岩橋君・神宮寺君 、内君、博多ではダンスの精鋭九州男児の皆さん、関西Jr.に加え

ポスターにお写真が載っていない「ジャニーズJr.」枠=Supporting Company from TOKYO (横文字かっこいいなおい)として

松田元太君

松倉海斗君

増田良君(博多座公演のみ出演)

目黒蓮君

森継亮太君

石垣大祐

後藤泰観

が出演しています。

前提として、出演メンバーが集合したところでこのブログでは

全世界の人にみつかれ!

松倉海斗君について2016年秋の夜長に話したいことを書きます。

 

*文字面可愛い基本情報*

ジャニーズJr. 松倉海斗君(現在18歳)

ニックネーム まつく、まちゅ、かいちゅん(真意は分からないが彼女に呼ばれたいと本人談)

誕生日 1997年(H9年)11月14日蠍座

出身 神奈川

身長 165㎝ (元太君と2㎝差)

入所日 2010年10月23日or30日(同期が勝利君、神宮寺君、顕嵐君などとよく表記されるが定かではない)

宝物 家族

特技 水泳(歴8年)・スケボー・フラフープ

憧れの諸先輩 

二宮和也先輩「嵐のコンサートを見て、自分もステージに立ちたいと思った。何でもできるにのみやくんは憧れ」

堂本光一先輩「光一くんの舞台に挑む姿勢はほんとうにすごい」

・少年隊「歌もダンスも完ペキでまさにジャニーズの原点って感じ」

趣味 音楽鑑賞・読書

チャームポイント ほっぺ(o^ ~.^o)「やわらかいらしい(笑)。よくさわられるよ!」

そして、

シンメ 松田元太君

 

 

シンメ 松田元太君

 

 

シンメ松田元太君

 

(大事なことは3回言うって義務教育の9年で教えてもらった)

松倉「元太はライバルであり、いい仲間」と語る運命共同体。

頭文字にどちらも「松」が付くことで世に有名な「松松」コンビ。二人が合わさった時に放つパワーは「今日あっ椅子ある・・・良かった・・・足腰砕けた・・・素晴らしい!」レベルの煌めきです。とんでもねえ~!

 

ちなみに、今年のサマステから松松に意図は読めないがイメカラのようなものがやってきました。元太君→イエロー松倉君→ピンクを纏っています。(ハッ!と気づいたらハッピー的な、隠れ〇ッキー感覚で楽しめる)

 

 温かいご家族に囲まれた明るい心配性、しつこく元気な社会人一年目Jr.!!

お肌はつるぴかりんの純白陶器肌、あらゆる意味でのフレジュ枠青年です。

(Johnny’sJr.DATA☆BOOK最新版P.83より一部抜粋)

 

このように言の葉にのせるだけでも可愛い松倉君

そんな彼の特記事項をJFW期の今!!!!

 

ダンス!!!!

 

と絡めて紹介します。

 

 

<<松倉君のダンスの舞い、尋常じゃないほど目線を奪われる件。>>

 

 

 

 彼は、以前「ダンスは趣味というほど好きでたまらないわけじゃないんです。Jr.になる事が出来、最後尾立ち位置を与えられる現状を次はどうやって打破し、前で踊って歌えるか考えたときに大きく踊ることにした」というニュアンスの発言していました。また「ダンスの自主練で近くの海に行きます」(近所に海あるってそれだけでかっこいいよね黙)「みんなが休憩をゲームなどに費やしている時も踊り続けた」ことを教えてくれました。

梅芸には各々の自担に会いにいらっしゃる方が殆どです。ワクワクしながら着席しJFWを鑑賞されている中、松倉くんの事をたまたまにでもみかけた方は、

「っんん!?なんかすげえ~()」

に似た感情を抱いたと思います。(ネットはその声を見逃さずキャッチしてる)とてもよく気持ちが分かります。ギプス装着しなあかんくなるでって忠告されても首をぶんぶん縦振りして同意します。

 松倉くんが大好きで始まる前に「松倉くん!今日も頑張って(念)」とトゥンクさせて応援する人間でも「おお、すげえな、何なんだろう」(左心房と右心房で拍手喝采)してしまうんです。

とにかく、アイドル要素高めの自己紹介、化粧水・乳液何使っているか教えて言い値でその情報引き取ると数多の手が伸びてくる羨望の紫外線と戦う美肌、恐らく親族、ご近所さんに「かいとくん今日もかわいいね~」と言われすくすくと幼少期を過ごした少年の容姿からは想像できない程の気迫!感情の解放!なんです。強敵が迫っていて、切羽は詰まっているような困惑は見ていてしないんですが、彼の前方にはぶつかり合うをする何かがあるんでしょう。

そこが分からず(「どぉ??わあああっすごい松倉くん!?すごい!おおぉお??かっこいいいいいいい」)となり、目が離せなくなるのです。20数年酷使してきた脳細胞はものの数秒で処理能力停止です。後は、ただただ多幸感に埋め尽くされます。

 

「ぁあありがとう~~~~」 

 

 

 

 エンドロール

 

 

 

言ってしまえば私は彼に出会うまでほぼほぼこんな稲妻級の衝撃を経験せずに生きてきたので新鮮でたまらないのです。

ねっ!?ある意味でのフレジュ!!!!

 

 

 振りの一つ一つを細かく見ていくと、何十曲ある中、1ポーズごとに全て長さ角度が定められているかの如く美しく筋肉と神経を使っています。

その背景には鏡前に何時間も向き合って踊る練習をする姿、セルフ動画に録って確認作業を繰り返す地道さがあるかと思うと、富士山の頂上から1114dbで「凄い!」と叫びたくなる衝動に駆られる。

日本古来から伝わる書道でも「ハネ」「止め」「払い」を耳タコができるまで囁かれますよね()。

ダンスのいろはが分かっていない者で悔しんですが、松倉君のダンスは人間が綺麗だと潜在的に感じる要素が含まれているように思います。

 そこに、彼の培ってきた個性が光り生き生きとした躍動感が盛り上げます。

彼の魅了ポイントは、舞台袖の入退場も挙げられます。見てみてください。手と足を交互に動かしている見慣れた動作にも関わらずあの「なんか分からんけどすげぇ」現象に似たものが起きます。

 

 

客席が「おおお!!???なんかすげえ(褒)」となる現象は、もはや抗えない個々の反射作用だという結論に落ち着こうとしている・・・(正気)

 

Jr.の活躍に関しては秀でて「百聞に一見に如かず」なので、なんだよもやっとするなあという方は大阪府梅田駅すぐそこの梅芸へ、、、お目当てさんがいたらラッキー、下手を観続けていて「おおおあんん!?(混乱)」と目を奪った彼が恐らく松倉くんです。

あっ!梅芸とは遠距離恋愛中なんで(ノンタッチ)という方も今本屋にフラ~ッと入り店頭に並んでサクッとJFWの様子は雑誌でご覧になれます。

 主要ドル誌はもちろん、今だとQLAP11月号・SONGS11月号etc...(ダンスクはサマステ期だが一枚の写真が大きくてかぶりつける)

↓↓

f:id:ttt_aru:20161020010921j:image

 

 

松倉君とダンスの進化は地球に隕石が予測できない進路で落下してこない限り更新されていくと信じて。